乳がんとにゃんこと相棒と一緒

乳がんになって仕事辞めました。猫達を中心に相棒と目指せミニマリスト!

人間関係の整理と心の整理。

こんにちは。
この所、人と会ったり、書類手続きしたり、これから必要な物を調べ購入したりと慌ただしい毎日にアタフタしているRyoです。

先日がんセンターへ行き、次の治療に入る事となりました。
18日から1週間の入院で、抗がん剤治療に入ります。

とりあえず、ウィッグと帽子を購入し準備は大丈夫だと思いますが、あ、つけまつ毛も買わないといけませんね。
一応抗ガン剤治療は4ヶ月間となってますが、副作用が酷くない事を願います。

変わらないと思っていた。

気持ちの変化。

正直仕事を辞める前は、生活の変化はあっても、自分の感覚はそんなに変わらないと思ってました。
ですが、生活のリズムが変われば人との付き合い方も変わって来ます。
今まで当たり前にしてきた事、出来ていた事に制限がかかるのです。

例えば、私はお酒が飲める方なので、つい楽しくなると酔うまで結構飲んじゃう方だったんですが、今はむくみが怖くて量を飲めないので酔えません。

例えば、励ましだとわかっていても、治療の事や私の体の事や今後の事を冗談混じりで言われたら、笑って流せなくなりました。

親兄弟な過保護過ぎる言葉やだったり、腫れ物を触るような態度を取られたりすると、それは向こうの思いやりからの配慮だと思ってもストレスに感じてしまいます。

冗談でからかわれるのも嫌。
心配され配慮されるのも嫌。

笑飛ばせなくなった自分に、少し嫌気を感じる今日この頃です。

仕事上での人間関係を断捨離。

仕事を辞めても、お客さんとの付き合いは控えめになっても止めるつもりはなかったのですが、笑飛ばせない冗談を言う人や心配し過ぎる人とはもう会いたくないな…と思うのが本音です。
相手の気持ちはわかっていても、それを酌める程の余裕は今の私にはありません。
なので、距離を置こうと思いました。

お世話になった方々を突き放すのは心苦しい所もありますが、今は自分のメンタルを優先した方がいいだろうと思いました。

断捨離と言っても、連絡先消すとか拒否設定するとかではなく、こちらからは連絡しないってぐらいですけどね。
月日が経ち、自分も会っても大丈夫だと思ったら会ってもいいかな。な感じです。

異性と同性。友人の距離感。

元々生まれ育ちは他県なので、学生時代の友人とは帰省した時に会えるぐらいです。
なので、愛媛での友人は仕事関係で仲良くなった人ばかりです。

異性と同性で、友人関係も変わります。

異性の友人…。
友人と言っていいのか悩むところではありますが、飲み友達みたいな感じは居ます。

でも、出会いが飲み場なので、中には色恋が若干絡んでたりする人も居るので、仕事辞めたし結婚するしで付き合いを整理しなくてはならないかな?と思います。

一方同性の友人は、元同僚と元同業者ばかり。
職場が変わったり、結婚して子供が居たりすれば疎遠になるのは致し方ない事。
でも、1番気軽で程よい距離感を保ってるんじゃないかとます。

学生時代は、友達と四六時中繋がっていないと不安で仕方ありませんでした。
家族より友達が大事だった時期もあります。
あの当時を思い返せば、ほんと今の自分はドライになってしまったなぁと思います。
まぁ社会に出れば色々とありますから、ドライにならざるを得ないんですけどね。笑

変わらないものはない。

わかってはいるんですが、やはり寂しさは感じますね。

乳がんになる前の自分はもう居なくて、乳がんを抱えた自分と向き合い状況の変化を受け入れる。
頭でわかっていても、いざ状況を目の当たりにすると悔しさや寂しさを感じます。

なんで今までみたいに付き合えないの?
なんで今までみたいに出来ないの?
なんで変わっちゃうの?
って言いたい自分が居ます。
だけど、わかってるから言わない。

ちょっと苦しいですね。

でも、そこでうずくまってしまったら、それまでなんですよね。
なんでなんでなんでと駄々をこね、悲しい寂しい悔しい気持ちに囚われそれしか見えなくなってしまう。

そんなのまっぴら御免〜っ!

悲劇のヒロインなんて似合わないので、顔上げて前向いて今を楽しもうと思います。
しんどい事も辛い事もこれからあるけど、それと同じように楽しい事も嬉しい事もある事を知っているので、面倒でも向かって行きます。

さて、霰が降ったり止んだりしてますが、出かけて来ます!笑

最近のにゃんこ


リハビリように紐を吊るしたら、格好の遊び道具と化しました。笑

広告を非表示にする